WX05とWX04の比較イメージ

最新機種WX05とWX04の違いを比較しました。

結論をいうと、WX05とWX04の通信速度やバッテリー持ち、基本スペックはほぼ同じです。

違いはWX05だけの機能WiMAXハイパワーWi−Fiビジュアルステータスです。

WiMAXハイパワーとは送受信性能がアップする機能。

Wi−Fiビジュアルステータスとは、空いているwifiのチャンネルを目視で確認でき選べる機能。

また色がWX05は赤色と白色、WX04は青色と白色の各2色展開です。

WX05はWX04をより使いやすくした機種ですね。

WX05のプロバイダはGMOとくとくBBが月額最安です。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン詳細へ

では、WX05とWX04の違いを比較していきますね。

通信速度を比較

通信速度のイメージ

まずは通信速度!
比較表の通り理論値はまったく同じ。

速度アップがなかったのは残念ですが
実行速度で下り40Mbps程度はでるので十分速いです。

モード WX05 WX04
ハイスピードモード
(標準モード)
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
(LTEオプション)
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps

補足1:ハイスピードモードとはWiMAX2+のみで通信する標準モードのことです。
補足2:ハイスピードプラスエリアモードとはWiMAX2+とau LTEで通信する有料オプションのモード。
補足3:3年契約はハイスピードプラスエリアモードを無料で使えます。

連続通信時間を比較

バッテリー残量のイメージ

次に、連続通信時間の比較です。

バッテリー持ちもWX05とWX04ではほぼ違いなく同じ。

WX05のほうがエコモードでの通信時間が約10~20分長いくらいですね。

ハイスピードモード
(WiMAX2+だけで通信)
モード WX05 WX04
ハイパフォーマンス 約8時間6分 約8時間10分
ノーマル 11時間30分
エコ 約14時間 約13時間50分
ハイスピードプラスエリアモード
(WiMAX2+とau LTEで通信)
モード WX05 WX04
ハイパフォーマンス 約8時間
ノーマル 10時間30分
エコ 13時間18分 約13時間

本体のスペックを比較

WX05とWX04のデザインの違い

続いて、スペックの比較です。

本体の寸法、重量ともに全く同じで
本体色が赤色か青色が違うくらいです。

WX05 WX04
寸法 約111(幅)×62(高)×13.3(厚)mm
重量 約128g
ソニックレッド
ピュアホワイト
アクアブルー
クリアホワイト

機能を比較

最後に、WX05とWX04の機能の違いを比較します。

WX05は、WX04の機能に加えて新たに2つの機能が追加されました。

どちらもWiMAXに繋がりやすくする為の機能です。

1つは、WiMAXハイパワー
もう1つは、Wi−Fiビジュアルステータス

どちらも便利な機能です。

WX05 WX04
WiMAXハイパワー
(送受信性能向上)
対応 非対応
Wi−Fiビジュアルステータス
新機能
対応 非対応
ビームフォーミング
(送信性能向上)
対応
クレードル
(受信性能向上)
アンテナあり
ワンタイムHS+A 対応

WiMAXハイパワーとは?

WiMAXハイパワーのイメージ

WiMAXハイパワーとは、WiMAXの送受信を約20%向上する機能です。

WiMAX2+ではWX05だけが対応しています。

Wi−Fiビジュアルステータスとは?

Wi-Fiビジュアルステータスのイメージ

Wi−Fiビジュアルステータスとは、3つのWi-Fiチャンネルから空いているチャンネルを選べる機能。

空いているチャンネルを本体のタッチパネルで確認、選択できるので便利です。

まとめ

2のポーズをする女性のイメージ

WX05は、基本性能はWX04とほぼ同じです。

送受信を向上させる機能が新たに2つ追加されていてより繋がりやすく使いやすい機種になりました。

WX05の本体色はソニックレッドが人気です。

WX05のプロバイダはGMOとくとくBBが支払い総額最安。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン詳細へ

WX05の詳しいプロバイダ比較はこちら

WiMAX WX05のプロバイダを比較!月額料金が安いのは?