WiMAXルーターの最新機種 W06とWX05を比較しました。

さっそく解説していきます。

W06とWX05の6つの違い

W06とWX05の違いは6つあります。

  • 通信速度
  • 連続通信時間
  • 送受信の性能
  • バッテリー交換
  • Bluetooth通信
  • クレードルの有無

W06とWX05の違いを比較表にまとめました。

W06 WX05
通信速度 下り1.2Gbps
上り75Mbps
下り440Mbps
上り75Mbps
連続通信時間 約11時間40分 約14時間
送受信性能
バッテリー交換 メーカー対応 自分でできる
Bluetooth 非対応 対応
クレードル なし あり

補足1:最大通信速度はLTEオプション使用時の最大速度。
補足2:連続通信時間はハイスピードモード(標準モード)をバッテリーセーブモードで利用時の最大時間。

W06とWX05の送受信性能はほぼ互角。

上り最大通信速度(アップロード)は同じ。

WX05はバッテリー交換を自分でできますが
W06は自分で交換できません。

W06はBluetooth通信に非対応。

W06には専用クレードルがないので、LAN接続に対応していません。
PS4やSwitchなどのゲーム機をLAN接続したい人にはW06はオススメできません。

連続通信時間が長いのはWX05

下り最大通信速度(ダウンロード、読み込み)が速いのはW06

ただし、iPhone8plusで実測した結果はWX05のほうが速かったです。

機種別にキャンペーンを比較したい人はこちら

はじめに、W06とWX05の速度の違いを詳しく比較していきましょう。

W06とWX05の通信速度(理論値)を比較

ハイスピードモードの速度を比較
W06 WX05
下り速度
(ダウンロード)
558Mbps 440Mbps
上り速度
(アップロード)
30Mbps 30Mbps
ハイスピードプラスエリアモードの速度を比較
W06 WX05
下り速度
(ダウンロード)
1.2Gbps 440Mbps
上り速度
(アップロード)
75Mbps 75Mbps

通信速度の理論値はWX05よりW06のほうが速いです。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは、ギガ放題でも月7GBまでしか使えません。

通信速度を比較する時は、ハイスピードモードの速度を基準に比較してください。

W06の下り最大1.2Gbpsは、利用条件があり誰でも常時だせる速度ではありません。

【下り最大1.2Gbpsの条件】
・東京都、埼玉県の一部エリアのみ(順次拡大予定)
・HS+Aモード、HPモード(速度優先設定)、4×4MIMO設定オンで利用
・USB3.0で接続(別売 約1,000円)

W06とWX05の通信速度を実測

前述の通信速度は、あくまでカタログ上の理論値で、実際には最大速度はでません。

W06とWX05の通信速度を実測したので、参考にしてください。

実測値はあくまで目安です。
実際の通信速度は利用する時間、場所、環境、送受信側の端末(スマホやPC、タブレット)で異なります。

実測値は、5回のスピードテストの結果の平均値です。

W06とWX05を実測した比較表

WX05は、下り上りの速度、Ping値の3項目とも比較的安定した数値でした。

W06の下り速度は、安定していますが、WX05よりも遅かったです。

iPhone6iPhone5sでも実測しましたが、WX05のほうが速いという結果でした。

Ping値は、オンラインゲームをやる時の目安で低いほうがいいです。50だとやや高め。理想は1桁ですが、1桁は光回線でしかでません。

実測したWiMAX端末の設定及び環境は以下の通り。

  • 京都市内の自宅室内(木造)
  • 電波:アンテナ3(MAXは4)
  • iPhone8plusで計測(ビームフォーミング対応)
  • ハイスピードモード(WiMAX2+で通信)
  • ハイパフォーマンス設定(速度優先の設定)
  • 2.4GHz(周波数)
  • WX05はWiMAXハイパワーをオフに設定
  • W06は4×4 MIMOをオフに設定

周波数は、室内、外、共通で使える2.4GHz帯で計測。

WiMAXハイパワー、4×4 MIMOとは、本体の送受信能力を向上させる機能ですが、電力消費が多いのでオフで計測しました。

次に、W06とWX05のバッテリー持ちを比較します。

W06とWX05の連続通信時間を比較

WX05 HSモード
(標準モード)
HPモード:約8時間6分
BSモード:約14時間
HS+Aモード
(LTEオプション)
HPモード:約8時間
BSモード:約13時間18分
W06 HSモード
(標準モード)
HPモード:約7時間10分
BSモード:約11時間40分
HS+Aモード
(LTEオプション)
HPモード:約5時間
BSモード:約10時間

補足1:HPモード = ハイパフォーマンスモードの略。
補足2:BSモード = バッテリーセーブモードの略。
WX05はエコモードですがBSモードで統一。

バッテリー持ちは、W06よりWX05の方が約2~3時間いいです。。

また、後述しますが、WX05はバッテリーを自分で取り外し可能。

予備バッテリー(約3,400円)を持ち歩けば、電池切れを気にせず使えます。

続いて、W06とWX05の送受信性能を比較します。

W06とWX05の送受信性能を比較

WX05 W06
ビームフォーミング
(送信性能向上)
対応 対応
本体 WiMAXハイパワー
(送受信性能向上)
高性能アンテナあり
(受信性能向上)
クレードル
(受信性能向上)
アンテナあり クレードルなし

W06はルーター本体に高性能アンテナが搭載されています。

WX05の専用クレードルはなくても問題ありませんが
あると通信がかなり安定するので
電波が弱い場所でも繋がりやすくなります。

W06は、WiMAXハイパワーに対応していません。

機種別にキャンペーンを比較

ビームフォーミングの効果

ビームフォーミングとは端末(スマホなど)に効率よく電波を送信する機能。

ビームフォーミングの効果で実行速度の向上が期待できます。

iPhone5sは、ビームフォーミング非対応。SE,6以降の機種はビームフォーミングに対応しています。

クレードルのアンテナ効果

クレードルのアンテナ効果のイメージ

WX05のクレードルには、高性能なWウイングアンテナがあります。

Wウイングアンテナは、電波の受信能力が向上し、通信が安定します。

WiMAXハイパワーの効果

WiMAXハイパワーのイメージ

WiMAXハイパワーとは、WiMAXの送受信性能が向上する機能。

WX05のWiMAXハイパワーは端末でオンオフが可能。

電波が繋がりにくい時に役立ちます。

バッテリー交換

WX05 W06
バッテリー交換 自分でできる メーカー対応

WX05はバッテリーは自分で交換可能。

バッテリーもAmazonなど通販サイトで購入可能。

予備バッテリーを持ち歩くことで、電池切れの心配もありません。

W06とWX05のその他スペック・機能の比較

WX05 W06
Wi−Fiビジュアルステータス
新機能
対応 非対応
通信モード自動切替 対応 対応
同時接続台数 Wi-Fi:10台
USB:1台
Wi-Fi:16台
USB:1台
発売日 2018年11月 2019年1月
メーカー NECプラットフォームズ
(日本)
Huawei
(中国)

Wi−Fiビジュアルステータス

Wi−Fiビジュアルステータスの説明イメージ

WX05は端末上でWi-Fiチャンネルの空きを確認できるWi−Fiビジュアルステータスが使えます。

Wi-Fiチャンネルの空きを確認し、手動で空いているチャンネルに変更可能。

チャンネルは1、6、11から選べます。

通信モード自動切替

ワンタイムHS+Aのイメージ

通信モード自動切替とは、設定した条件になるとハイスピードプラスエリアモードからハイスピードモードに自動で切り替えてくれる機能。
*WX05はワンタイムHS+Aという名称

通信モードが自動で切り替わる条件

W06とWX05の通信モードが自動で切り替わる条件の違いを比較しました。

WX05は、設定すると全ての条件が自動で適用されます。

W06は、「通信量で自動切替」か「通信量と時間経過で自動切替」を好みで条件を設定できます。

W06 WX05
通信量 設定した通信量 設定した通信量
時間経過 10時間で自動切替
15分の無通信
10時間で自動切替
特定の操作 電源OFF
再起動
電源OFF
休止

通信モードの自動切替機能は非常に便利な機能で私もよく使います。

設定しておけば、ハイスピードプラスエリアモードの解除を忘れても、自動で切り替えしてくれるので安心です。

WX05の通信モード自動切替(ワンタイムHS+A)

WX05のワンタイムHS+A

WX05の通信モード自動切替(ワンタイムHS+A)は、設定すると全ての条件が自動で適用されます。

通信量は6GBに設定しておけばハイスピードプラスエリアモードの通信量の上限を超過することはありません。

WX05のワンタイムHS+Aとは?(UQ公式 Q&A)

W06の通信モード自動切替

W06は、「通信量で自動切替」か「通信量と時間経過で自動切替」を好みで条件を設定できます。

W06は、カウントする最大データ通信量の手前でハイスピードモードに自動で切り替える設定ができます。

W06 通信モード自動切替 通信量の設定

W06 通信モード自動切替 通信量の設定

カウントする最大データ通信量を7GBに設定し、ハイスピードモードに切り替える通信量を90%に設定すれば6.3GBで自動で切り替わります。

カウントする最大データ通信量を17GBに設定し、ハイスピードモードに切り替える通信量を40%に設定すれば6.8GBで自動で切り替わります。

まとめ

WX05を手に持ったイメージ

WX05とW06の2機種を使いましたが、オススメの機種はWX05です。

バッテリー持ちがいいのはWX05
カタログ上の通信速度はW06が速いですが、iPhoneで実測した結果はWX05のほうが速かったです。

また、W06は専用クレードルがなくLAN接続に対応していません。
ゲーム機やPCを有線LANで接続したい人には、W06はオススメできない機種です。

プロバイダは、W06、WX05共にGMOとくとくBBが一番安いです。

月額割引キャンペーン詳細へ

キャシュバックがお得なのもGMOとくとくBB

キャシュバックキャンペーン詳細へ

機種別のキャンペーン比較はこちら

2019年3月7日:追記
W06の不具合は3月7日のオンラインアップデートで解消しました。