「W06のスペックは?」
「W06の性能が気になる」

W06のイメージ

W06の性能はカタログ上の速度が速いのが最大の特長です。

W06の特長は3つあります。
  • 最速!下り最大1.2Gbps
  • 高性能アンテナ搭載
  • ビームフォーミング対応

W06は下り最大1.2Gbpsで最速の機種
高性能アンテナ搭載でより繋がりやすくなりました。
ビームフォーミングにも対応し、通信の安定性と速度が向上

通信速度で選ぶならW06が最速です。

W06のキャンペーンはこちらで比較しています。
W06のプロバイダを比較 月額料金が安いのはココ!

W06の3つの特長

では、W06の特長を詳しく解説していきます。

WiMAXで最速!下り最大1.2Gbpsを実現

W06は、USB接続時に下り最大1.2Gbps(1237Mbps)、上り最大75Mbpsと光回線並の高速通信ができます。

Wi-Fi接続時でも下り最大867Mbpsと最速。

【下り最大1.2Gbps適応条件】 補足1:東京、埼玉の一部エリアのみ、今後順次拡大予定。対象エリア以外は下り最大558Mbps、上り最大30Mbps。 補足2:USB3.0以上対応のType-Cケーブル(約1,000円)が別途必要。 補足3:ハイスピードプラスエリアモード、ハイパフォーマンスモード、4×4MIMO設定オンで利用時の速度。

高性能アンテナ搭載で繋がりやすい

高性能ハイモードアンテナ搭載でより繋がりやすくなりました。

W05よりも受信感度が向上しています。

ビームフォーミング対応で通信速度が向上

TXビームフォーミング搭載で、通信の安定性と速度向上が期待できます。

ビームフォーミングに対応しているスマホなど対応端末との通信性能がW05より向上しています。

W06のスペック

W06の基本スペックは以下の通りです。

端末名 Speed Wi-Fi NEXT W06
通信速度 WiMAX2+のみ 下り最大558Mbps 上り最大30Mbps
LTEオプション使用時 下り最大1.2Gbps 上り最大75Mbps
連続通信時間 WiMAX2+のみ ハイパフォーマンスモード 約7時間10分
LTEオプション使用時 ハイパフォーマンスモード 約5時間
連続待受時間 約800時間
バッテリー容量 3,000mAh
通信方式 WiMAX2+ au 4G LTE
重量 約125g
外寸 約128×64×11.9(mm)
同時接続台数 Wi-Fi:16台 USB:1台
SIM Nano IC
カラー ブラック×ブルー ホワイト×シルバー
発売日 2019年1月25日
メーカー Huawei

W06の性能・スペック評価まとめ

W06は、高性能アンテナ搭載で旧機種のW05よりも繋がりやすくなりました。

エリア、利用条件は限られますが、下り最大1.2Gbpsを実現。

バッテリーもW05より長持ちに。

w06のイメージ

W06はWiMAX端末で最速の機種。
速度で選ぶならW06が一番速いです。

W06のプロバイダ選びはこちらを参考にしてください。
W06のプロバイダを比較 月額料金が安いのはココ!

2019年3月7日:追記 W06の不具合は3月7日のアップデートで解消されました。