はてなマーク

WiMAXのWX06とHOME02の違いは?

たつやたつや

WX06は屋内外どこでも使えるモバイルルーター。HOME02は、屋内で使うホームルーター。屋外でも使いたい人は、WX06がおすすめです。

HOME02は、ホームルーターなので、コンセントに挿さないと使えません。自宅以外でもコンセントがある場所ならどこでも使えます。

WX06とHOME02

WX06のプロバイダは、カシモが人気です。

WiMAXは、リモート、ネット授業の影響で在庫が枯渇しています。
最新の在庫状況はこちらで毎日更新中!

WX06とHOME02の違いを比較

WX06とHOME02の違いを比較しました。

WX06 HOME02
メーカー NECプラットフォームズ
(日本)
NECプラットフォームズ
(日本)
発売日 2020年1月30日 2020年1月30日
通信速度(下り) 440Mbps 440Mbps
通信速度(上り) 75Mbps 75Mbps
利用場所 屋外
屋内
屋内
電源 バッテリー コンセント
重さ 127g 218g
サイズ
(cm)
約11.1(横)
6.2(縦)
1.33(厚さ)
約5(横)
11.8(縦)
10(奥行き)
同時接続台数 16台 最大約40台
2.4GHz:20台
5GHz:20台
有線LAN 1ポート
クレードル利用時
1ポート
対応OS Windows:10、8.1
MacOS: X v10.15、v10.14、v10.13、v10.12、v10.11、v10.10、v10.9
Windows:10、8.1
MacOS: X v10.15、v10.14、v10.13、v10.12、v10.11、v10.10、v10.9
たつやたつや

WX06とHOME02の一番の違いは、利用できる場所です。場所を問わず使いたいなら、WX06一択です。

WX06とパソコンを有線LANで接続する場合、別売りのクレードルが必要です。USB接続ならクレードルは不要です。

WX06のクレードルとLANポート

WiMAXは、リモートワーク、ネット授業の影響で端末が枯渇しています。在庫のあるプロバイダをまとめたので、参考にしてください。

WX06

WX06の在庫があるプロバイダ

プロバイダ 実質月額 契約期間 公式
DTI 安い

3,525円

3年 公式
カシモ
人気

3,623円

3年 公式
So-net

3,937円

3年 公式
BIGLOBE

3,989円

1年 公式
UQ
縛りなし

4,650円

縛りなし 公式
UQ
2年プラン

4,480円

2年 公式

HOME02

HOME02の在庫があるプロバイダ

プロバイダ 実質月額 契約期間 公式
So-net

3,937円

3年 公式
BIGLOBE

3,989円

1年 公式
UQ
縛りなし

4,650円

縛りなし 公式
UQ
2年プラン

4,480円

2年 公式

WX06とHOME02の比較まとめ

WX06とHOME02の違いを簡単に比較しましたが、参考になりましたでしょうか?

どっちがいいかは、利用する場所によって異なります。
もし、自宅でしか使わないけど、もしかしたら外でも使うかもしれないなら、モバイルルーターのWX06が無難な選択です。

WX06の月額料金、支払い総額が安いのはDTI WiMAXです。

WX06のプロバイダで人気なのは、カシモWiMAXです。

BIGLOBEなら1年契約でキャッシュバック特典付き

WiMAX端末の在庫状況 & 入荷予定をまとめています。