WiMAXモバイルルーター比較

「WiMAXって端末で違いはある?」
「WiMAXルーターでおすすめの機種は?」

この記事では、WiMAXルーターを最大通信速度、バッテリー持ち、対応している通信モードなど重要項目別に比較し、今月のおすすめ端末を選定。

自分は、どのWiMAXルーターを選べばいいのかが分かります。

早速、チェックしていきましょう!

WiMAXモバイルルーター比較 ~ 端末の特徴・違いをチェック!

端末名 連続通信時間 通信速度

W06詳細
約7時間10分 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
最新機種

WX05詳細
約8時間6分 下り最大440Mbps
上り最大30Mbps

W05詳細
約6時間30分 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps

補足1:連続通信時間はWiMAX2+のハイパフォーマンスモード利用時。
補足2:通信速度はWiMAX2+のみの最大通信速度。

W06

WiMAX WX06 イメージ

通信速度 WiMAX2+のみ 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
LTEオプション使用時 下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
連続通信時間 WiMAX2+のみ ハイパフォーマンスモード
約7時間10分
LTEオプション使用時 ハイパフォーマンスモード
約5時間
便利な機能 通信量 超過前通知

下り最大1.2Gbps対応の最速機種。クレードル廃止でKAN接続は不可。Bluetooth通信にも非対応。

W06 キャンペーン詳細へ

WX05

WiMAX WX05 イメージ

通信速度 WiMAX2+のみ 下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
LTEオプション使用時 下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
連続通信時間 WiMAX2+のみ ハイパフォーマンスモード
約8時間6分
LTEオプション使用時 ハイパフォーマンスモード
約8時間
便利な機能 ワンタイム通信モード切替
WiMAXハイパワー
Wi-Fiチャネルモニタ

2018年11月8日発売の新機種。旧機種のWX04のマイナーチェンジ版。受信感度と細かな設定が使いやすくなっています。通信時間、速度はWX04とほぼ同じ。

WX05 キャンペーン詳細へ

W05

WiMAX W05 イメージ

通信速度 WiMAX2+のみ 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
LTEオプション使用時 下り最大708Mbps
上り最大75Mbps
連続通信時間 WiMAX2+のみ ハイパフォーマンスモード
約6時間30分
LTEオプション使用時 ハイパフォーマンスモード
約4時間20分
便利な機能 通信量 超過前通知

旧機種W04との違いはLTEオプション使用時の上がり速度と端末重量が約140gから約131gと若干の軽量化、デザインの3つだけです。

W05 キャンペーン詳細へ

WiMAXルーターおすすめはどれ?2019年に人気の端末はこの機種

WiMAXのモバイルルーターで人気があるのはW06

通信速度が下り最大1.2Gbpsの最速機種

通信速度がWX05より速く一番人気があります。

ただし、W06にもデメリットはあります。

  • クレードルがなくLAN接続できない
  • Bluetooth通信に非対応
  • バッテリー交換は自分でできない

ライバル機種のWX05は上記3つのデメリットがありません。

下記に該当する人はWX05のほうがオススメです。

  • Bluetooth通信を使う
  • LAN接続したい
  • バッテリー交換は自分でしたい

WX05は連続通信時間が速度優先に設定しても約8時間と長持ち。

モバイルルーターなのでやはり連続通信時間の長いほうが安心ですよね。

また、WX05の機能ワンタイムHS+Aがかなり使い勝手いいです。

「ワンタイムHS+A」とは、LTEモード使用時に上限を7GBの上限を超える前に通常モードに自動で戻してくれる機能。

通信速度はW05、W06のほうが速いですが
WX05も十分速いです。

WX05、W06におすすめのプロバイダ

WiMAXルーター選びのポイントは2つだけ!端末の比較はここをみる

WiMAXルーターを比較する際に、チェックすべき項目は以下の2つだけです。

WiMAXルーター比較 02 ~ バッテリーは何時間もつ?連続通信時間をチェック

WiMAXルーターのバッテリーを比較する時は、通信速度別に比較します。

WiMAXルーターのバッテリー持ちをWiMAX2+通信時とオプションのau LTEで通信した場合の連続通信時間を通信設定別に比較しています。

WiMAX2+の連続通信時間

端末名 連続通信時間
W06
エコモード:11時間40分
ノーマルモード:9時間
ハイパフォーマンスモード:7時間10分
WX05
エコモード:14時間
ノーマルモード:11時間30分
ハイパフォーマンスモード:8時間6分
W05
バッテリーセーブモード:10時間30分
ノーマルモード:9時間
ハイパフォーマンスモード:6時間30分

au LTE通信(ハイスピードエリアプラス)での連続通信時間

端末名 連続通信時間
W06
エコモード:10時間
ノーマルモード:6時間40分
ハイパフォーマンスモード:5時間
WX05
エコモード:13時間18分
ノーマルモード:10時間30分
ハイパフォーマンスモード:8時間
W05
バッテリーセーブモード:9時間10分
ノーマルモード:6時間30分
ハイパフォーマンスモード:4時間20分

WiMAXルーター比較 03 ~ 最大通信速度をチェック!最速端末はどれ?

WiMAXルーターの最大通信速度を調査比較した結果、最速だった端末は…

WiMAX2+の通信速度

端末名 WiMAX2+通信速度
ハイパフォーマンスモード
W06
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
WX05
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
W05
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps

LTEオプション使用時の通信速度(WiMAX2+、au 4G LTEのCA)

CAとは、キャリアアグリゲーションの略称で、異なる周波数を同時に利用することで高速通信を実現する技術。
WiMAX2+とau LTE通信を同時利用することで、より高速通信が可能になります。

ただし、LTEオプションは通信量の上限が月7GB

普段はハイスピードモード(WiMAX2+のみ)を使い、「電波が悪い」「通信速度が遅い」場合など一時的な利用が主です。

通信速度を比較する場合は前述のWiMAX2+のみの速度を基準に比較してください。

端末名 WiMAX2+ × LTE通信速度
ハイスピードエリアプラスモード
(ハイパフォーマンス設定)
W06
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
WX05
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
WX04
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
W05
下り最大708Mbps
上り最大75Mbps

WiMAXルーターでおすすめはこの端末

WiMAXのモバイルルーターで人気なのはW06

通信速度が速いのが特長の最新機種です。

ただし、以下に該当する人はWX05がオススメです。

  • バッテリー持ち重視
  • LAN接続したい
  • Bluetooth通信を利用する
  • バッテリーは自分で交換したい
  • 国内メーカーのルーターがいい

WX05は、エコモード(下り最大速度110Mbps)で、約13時間と約半日バッテリーがもちます。

また、Bluetooth通信は最大18時間も使えるので、うまく使えばさらにバッテリー消費を抑えることが可能。

製造メーカーも国内メーカーのNECプラットフォームズで安心感があります。(W0、W05は中国メーカーのHuawei)

WX05、W06におすすめのプロバイダ