WiMAXは口座振替(銀行引き落とし)できる?申し込みから端末到着までの流れを解説

WiMAXを口座振替(銀行引き落とし)で支払いできる?

たつや
たつや

WiMAXで口座振替に対応しているのは、BIGLOBEとBroadとUQ WiMAXだけ

しかし、Broad WiMAXは口座振替にすると初期費用として約2万円も請求されてしまいます。

BIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXは端末代が必要ですが、BIGLOBE WiMAXはキャッシュバックがもらえるので、端末代が実質11,912円になります。

GMOとくとくBBとSo-net、カシモWiMAXは契約するのにクレジットカードが必須。
「GMOとくとくBBは口座振替できる」というのは古い情報なので気をつけてください。

WiMAXを口座振替で契約するならBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAXは、契約期間の縛りがなく、解約違約金も0円。

WiMAXの口座振替に必要な初期費用と口座振替 手数料

WiMAXの口座振替に必要な初期費用と口座振替の手数料を比較表にまとめました。

初期費用端末代代引き手数料口座振替手数料
BIGLOBE0円21,912440円月220円
UQ0円5,940円~330円無料
Broad20,743円21,780330円月220円

Broad WiMAXは初期費用として20,743円請求されます。

UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXも端末代が必要です。

BIGLOBE WiMAXは、月額料金がUQ WiMAXよりも安く、キャッシュバックももらえます。解約金も0円。契約期間の縛りもありません。

では、支払い総額、キャッシュバック、実質支払い総額は詳しく比較してみましょう。

支払い総額、キャッシュバック、実質支払い総額を比較

WiMAXを口座振替で契約できる3社のキャッシュバックを比較しています。

キャッシュバック
BIGLOBE10,000
UQ最大8,000円
Broad-

次に、UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXに候補を絞って2社をより詳しく比較してみましょう。

BIGLOBE WiMAXの口座振替の流れ

UQ WiMAXの口座振替の流れは「UQ WiMAXを口座振替で契約するメリットとwe申し込みの流れ」で詳しく解説しています。

  1. 申し込み
  2. 口座登録
  3. 審査
  4. 端末の発送
  5. 端末の到着

申し込み

BIGLOBE WiMAXに申し込み後、2〜3日で会員証が届きます。

口座の登録

会員証到着後、支払方法登録申込書を返送、もしくはWEB申し込みで銀行口座を登録します。 WEB申し込みで銀行口座を登録したほうが審査が早いです。

審査

口座登録の審査は公共料金や電話代の滞納などがなければ大丈夫です。

端末の発送

登録した銀行口座の審査完了後、2日〜1週間で端末が届きます。
(申し込みが混雑していなければ発送は早いです。)

端末の到着

端末の到着後は、簡単な設定だけですぐにインターネットに繋がります。

気になる疑問まとめ

申し込みから端末到着までの日数は?
BIGLOBEの申し込みから端末到着までの日数は4日〜2週間程度が目安。

急ぎの人は口座振替でも2日から1週間で端末が届くUQ WiMAXのほう早いです。
詳しくは「UQ WiMAXを口座振替で契約するメリットとwe申し込みの流れ」を参照。

口座振替の審査基準は厳しいですか?
長期間 携帯電話や公共料金などの支払いを滞納していなければ大丈夫です。
WiMAXは口座振替に手数料が必要ですか?
BIGLOBEは、毎月220円の手数料がかかります。

UQ WiMAXは口座振替の手数料が無料です。

料金プランの違いは?
契約期間と料金、解約金、特典が異なります。
auスマートバリュー mineとは
auスマートバリュー mineとは、auのスマホの月額料金が最大1,100円割引になるサービス。

まとめ

WiMAXの口座振替で一番安いのはBIGLOBE

以下を参考にすれば初めての人でも迷いなく申し込めます。

  • プロバイダ:BIGLOBE WiMAX
  • データ端末:X11 or L12
  • 料金プラン:ギガ放題プラス