置くだけwifiで人気のWiMAXとソフトバンクエアーの違いを比較しました。

  • WiMAX
  • ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは、最新機種のターミナル4でも利用環境によってスマホの4Gより速度が遅いという人が多く、あまり評判はよくないです。

WiMAXは、利用可能なエリアが限られますが、通信エリア内であれば一番おすすめできます。ただし、3日間の通信量が10GBを超えると速度制限されるので、1日3GB以上使う人にはおすすめできません。WiMAXはUQコミュニケーションズが運営するサービスで、親会社はauなので安心して利用できます。

WiMAXには、プロバイダが多数ありますが。契約期間の短さ、解約金の安さで選ぶなら、BIGLOBE WiMAXがおすすめです。

端末代が19,200円と高額ですが、キャッシュバックがもらえるので、実際の費用負担は少ないです。

3年契約でもいいから、端末代が無料で月額料金が安いほうがいい人は、こちらの記事を参考にしてください。

置くだけwifi比較

WiMAX ソフトバンクエアー
月額料金 3,980円 4,880円~
契約期間 1年 2年
端末代 19,200円 59,400円
月間通信量の上限 なし なし
3日制限 3日10GB なし
解約金 1,000円
13ヶ月以降は不要
端末代の残金
9,500円
端末代の残金
デメリット 3日10GBで制限される。エリア外の地域もある。 速度が遅い場合がある。端末代が高額で、月額料金も高い。

置くだけwifiの月額料金を比較

サービス名 月額料金
BIGLOBE WiMAX 3,980円
ソフトバンクエアー
端末買取
4,880円
ソフトバンクエアー
端末レンタル
5,370円

置くだけwifiの契約期間を比較

サービス名 契約期間
BIGLOBE WiMAX 1年
ソフトバンクエアー
端末買取
2年
ソフトバンクエアー
端末レンタル
2年

置くだけwifiの端末代を比較

サービス名 端末代
BIGLOBE WiMAX 19,200円
ソフトバンクエアー
端末買取
59,400円
ソフトバンクエアー
端末レンタル
レンタル料月490円

置くだけwifiの月間通信量の上限を比較

サービス名 月間通信量の上限
BIGLOBE WiMAX 上限なし
ソフトバンクエアー
端末買取
上限なし
ソフトバンクエアー
端末レンタル
上限なし

置くだけwifiの3日制限を比較

サービス名 月間通信量の上限
BIGLOBE WiMAX 3日10ギガで制限
ソフトバンクエアー
端末買取
なし
ソフトバンクエアー
端末レンタル
なし

置くだけwifiの解約金を比較

サービス名 月間通信量の上限
BIGLOBE WiMAX 1,000円
13ヶ月以降は不要
端末代の残金
ソフトバンクエアー
端末買取
9,500円
端末代の残金
ソフトバンクエアー
端末レンタル
9,500円

BIGLOBE WiMAXの特徴

BIGLOBE WiMAXは、端末代が19,200円と高額ですが、キャッシュバック15,000円もらえるので、実質4,200円です。

また、使わなくなったらメルカリで売ることもできるので、4,200円以上で売れば最終的に端末代は実質無料になります。

BIGLOBE WiMAXは、NEC系の大手プロバイダで、サポートの対応もいいです。

端末代は必要ですが、解約金が安く、契約期間も1年なので短期間だけ利用したい人に最適なプロバイダです。

長く使う予定の人は、3年契約のプロバイダのほうが、端末代無料で月額料金も安くなります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

WiMAX以外の選択肢は?

WiMAXの3日制限は嫌!WiMAXはエリア外という人におすすめできるホームルーターは現在ありません。

どのサービスも一長一短です。

気をつけてもらいたいのは、最近流行りの○○wifiと名前のついたサービスです。

あれは、ソフトバンク回線をメインで通信するのですが、利用ユーザーが増えると、回線速度がめちゃくちゃ遅くなります。

解約金も高額なので、不満なユーザーも多くいるのが現状です。

また、○○wifi以外にも、ネクストモバイルやギガゴリwifimなどのソフトバンク回線だけで通信する端末もユーザー数が増えて回線が混雑すると急激な速度低下が起こります。

WiMAX以外なら光回線が利用できる環境なら、光回線が速度も速く、安定しているのでおすすめです。

光回線ならNURO光、GMOとくとくBB光、ソネット光がおすすめです。