Surface RTは買いなのか?一番の課題はアプリの充実度?

Microsoftの『Surface RT(サーフェスRT)』の日本発売が決まりましたね。

発売日は2013年3月15日

Microsoftが自信を持って投入してきた『Surface RT』ですが気になるのはそのスペックなどでしょう。

上位機種の『Surface PRO』の日本発売はまだ決まっていないですが、実際にSurface RTは買いなのかを考えてみました。

 

Surface RTの価格は34GBモデルが49,800円〜

34GBモデルが49,800円(Touch coverセットは57,800円) 64GBモデルが57,800円(Touch coverセットは65,800円)

 

CPUにはNVIDIA Tegra 3を搭載。

OSは専用OS『Windows RT』を搭載しています。

 

『Surface RT』はキーボードになるTouch coverセットがあるのとOfficeが表示装備されているのが特徴。

タブレットでOfficeが使いたいユーザーにはいいかもしれませんがその他に対応しているアプリが少ないので、使い勝手はちょっと微妙かなと思います。

どうせ買うなら『Surface PRO』の方がいいのではと思うんですが日本未発売で手に入りにくいですしね。

 

Touch coverをオプションは割高

Touch coverをオプションに付けると1万円くらい高くなるのも高すぎる様な気がします。

同じ価格帯ならiPadの方がディスプレイの綺麗さなども考えるといいかもしれません。

【iPadのRetinaディスプレイモデルの価格】

16GBモデルが42,800円(wi-fi専用) 32GBモデルが50,800円(wi-fi専用) 64GBモデルが58,800円(wi-fi専用) 128GBモデルが66,800円(wi-fi専用)

 

価格帯の選択肢もiPadの方が多いですねー。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ