ニフティ 格安スマホ NifMo(ニフモ)はこんな人にお勧め

ニフティが格安スマホの「NifMo(ニフモ)」のサービス提供を開始しましたね。

 

ニフモは、はじめて格安スマホを使う人におすすめのサービスです。

具体的なニフモのおすすめポイントをまとめてみたので、検討中の人は参考にしてみてください。

訪問レクチャーではじめての格安スマホでも安心

ニフモは、月額480円(24ヶ月契約)で初回60分無料の訪問レクチャーを受けることができます。

年配の人や、初めてスマホを使う人、SIMの挿入などを教えてほしい人には便利なサービスです。

 

ただし、2回目以降は、60分6,500円が必要。

また、訪問レクチャーを解約する場合、24ヶ月契約の未払いの残額を支払う必要があります。

 

訪問予定日前日の16時以降の予定変更やキャンセルでも4,000円のキャンセル料金が必要なので注意が必要です。

要するに11,520円(月480円×24ヶ月)を払って、初回60分無料で使い方を教えてもらえるというサービスです。

 

今まで携帯電話の使い方は、ドコモショップやau、ソフトバンクのショップで教えてもらっていたという人には便利です。

ただ、費用がいるので家族や友人に設定、使い方を教えてもらえるのならオプション契約する必要はないです。

端末は口コミ、レビュー評価の良いZenFone5(ゼンフォン)

ニフモ契約時のセットで申し込みができる端末がASUSのZenFone5(ゼンフォン)。

 

これ価格.comでのレビュー、口コミでの評価も高く評判のいいスマホなんです。

詳しくは、レビューの評価を見てもらえばわかりますが、操作性もよく使いやすいという口コミが多いです。

ATOK日本語入力が便利

文字変換にはATOKがデフォルトで入っているのもいいですね。

ATOKに関しては、口コミ評価がわかれますが慣れればかなり使いやすいです。

実際のATOKの変換精度

液晶はiPhoneにも使用のゴリラガラス3

液晶には、iPhoneにも使用されているゴリラガラス3(傷がつきにくくタッチが滑らか)を採用しているのも評価できます。

iPhoneを使用した事がある人は、分かると思いますが使いやすく綺麗な液晶ですよ。

音声通話もできて端末代金込みで2,697円

利用例

はじめてのスマホとしても申し分なく端末代金の24回の分割払い込みでも月額料金2,697円(音声通話+データ通信2GB)で利用できるので今までスマホ料金に7,000円以上払っていた人は半額以下になります。

端末代金を支払い終える25ヶ月目以降は、更に安い月1,600円で利用できます。

 

料金プランは音声通話(A)とデータ通信(B)の2種類のAとBのプランを自由に組み合わせることができます。

 

音声通話(A)の料金プラン

音声通話対応月額700円、SMS対応は月額250円、データ通信のみ月額0円

 

データ通信(B)の料金プラン

2GB月額900円、5GB月額2,500円、7GB月額3,500円

 

上記を組み合わせた金額にスマホ本体の代金(一括か分割か選択可能)を合わせた金額が毎月の料金です。

 

さらにスマホセット申し込みのキャンペーン特典で24ヶ月間は、毎月200円引きになります。

ニフモ専用アプリから買い物すればスマホ料金が安くなる

ニフモは、専用アプリからネットショッピングすることで、スマホ料金が安くなる「ニフモバリュープログラム」というものがあります。

 

ニフモが提携している、ネット通販(ヤフーショッピング、高島屋、JTB、ケーズデンキ、紀伊國屋書店、マツモトキヨシ、東急ハンズなど。)で買い物した金額に応じてスマホ利用料が安くなる仕組み。

還元率は提携しているショップにより異なり、0.9%から10%です。

その他の提携店は提携ショップ一覧を参照してください。

格安スマホがはじめての初心者でも安心して使えるニフモ

ニフモは別途オプションで訪問レクチャーが付けれるなど、初心者でも安心のサービスも提供されています。

 

また、セットのスマホもコストパフォーマンスがよくネットでのユーザーレビュー評価も高いゼンフォン5が利用できます。

ゼオンフォン5はSIMフリー端末なので、他のMVNOの格安SIMを挿しても使えますし、デザリングもできるのでwi-fiルーターとして代用も可能です。

 

ニフモバリュープログラムで、買い物に応じて月額料金が値引きされるのでより安くスマホを利用できます。

コメントを残す

スマホの通信量が多い人でも格安スマホは使える

格安スマホを2GBのプランで契約。別でWiMAX2+を契約すれば月の通信量が多い人でも格安スマホにMNPできます。キャンペーンは、WiMAX比較を参考にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ