MNPでドコモの新料金プラン『カケホーダイ』に乗り換え

6月になりやっと、背面の液晶割れをしていたiPhone4sからiPhone5sに買い替えました。

iPhone発売以来ずっとソフトバンクユーザーでしたが、数年ぶりにドコモと契約しました。

ドコモの方が3G回線で地方でも繋がるというのが一番の理由です。

新料金プランカケホーダイの評価

今回、契約したプランは、以下の通り。

カケホーダイ:2700円

SPモード:300円

データパックS(2GB):3,500円

合計6,500円

これが最低限かかる費用ですね。

パケットが2GBまでしか使用できませんが、僕の場合はほぼwi-fi接続しているので月の使用量は0.5GBくらいです。

元々電話で毎月1,000円くらい使っていたので、実質少し安くなりました。

ただ、普段からあまり電話をしない人、データ通信を2GB以上使う人は高く割高に感じるかもしれません。

シェアパックは3人以上でわけないとお得感ゼロ

家族とパケットをわけあえるシェアパックは、家族3人以上でないとお得感がありません。

シェアパックは一番安いプランで、10GB:9,500円。

家族3人で1人約3.3GB使えて、1人約3,167円なので、データパックSより少しお得になります。

ちなみに、通信量は1GBを超えるたびに、メールで連絡があり限度を超えると月末まで通信速度が制限されます。

スマホゲームをする人は、超えやすいのでwi-fiを利用するなどの工夫が必要かもしれません。

WiMAXルーターで、パケットを節約することもできますが、新たに契約する場合は結局負担額が多くなるので、光回線の変わりなどでなければ節約にはなりません。

関連記事:モバイルWiMAXルーターで人気の端末は?最新機種完全ガイド

ソフトバンクのスマ放題はドコモのカケホーダイとほぼ同じ

ソフトバンクも7月1日から、スマ放題というドコモとほぼ同じ様な内容の新料金プランが始まります。

違うのは、5GB以上のプラン契約なら余った分を翌月に繰り越せること。

2GBのプランで繰り越せないのかが非常に残念に思います。

料金もドコモと同じ料金体系で月額最低6,500円必要です。

個人的には、通話品質、繋がるエリアの広さが優位なドコモの方がいいと思います。

iPhoneがドコモから発売され2年契約が終わるタイミングで、au、ドコモにユーザーが戻っていくのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ