WX04 vs WX03 どっちを選ぶ

WX04 と WX03で契約を迷われているかと思います。

結論だけ先に言うと
LTEオプションを利用しないならWX03で十分です。

もちろん機能的にはWX04が優れていますが
WX04が3年契約限定機種(UQだけ2年契約可)なのが残念です。

3年契約でLTEオプションが無料になりますが
LTE使わなくてもWXシリーズの最新機種を使いたい人はいるので。

WX04とWX03の詳しい比較が気になる人は後述しているので参考にしてください。

WX04 と WX03 の機能・特長を比較!どう進化を遂げたのか

WX04
新機種
WX03
au LTE 対応 非対応
ワンタイムHS+A
新機能
対応 非対応
ビームフォーミング
新機能
対応 非対応
クレードル アンテナ付き アンテナ付き
デザイン 横型 横型
バッテリー交換 自分で交換できる 自分で交換できる
契約期間 3年契約限定機種
(UQだけ2年契約できる)
2年/3年
製造元 NECプラットフォームズ
(日本メーカー)
NECプラットフォームズ
(日本メーカー)

WX04とWX03の一番の違いは、au LTE(HS+Aモード)で接続できるかどうか。

NECのWXシリーズ使ってる人って
「日本メーカーのルーターがいい!」って人が多いと思います。

自分もその1人。

でも、WXシリーズはLTEオプションが利用できないのが弱点でした。

WiMAXはどうしても、場所によって電波を受信しにくい場所があるので、LTEでも接続できると助かります。

WX04からLTEも使えるようになったので待望の進化と言えます。

新機能が実装!ワンタイムHS+A と ビームフォーミング

「ワンタイムHS+A」「ビームフォーミング」
聞きなれない言葉ですよね。

WiMAXルーターでは、どちらもWX04で初めて実装された新機能。

ビームフォーミングとは

ビームフォーミングとは、簡単にいうとルーターから受信端末(PCやスマホ)に電波がより飛びやすくなる機能。

ただ、受信端末がビームフォーミングに非対応だと効果はありません。

家の中で、ルーターから少し離れた距離でスマホやパソコンを使う時に役立つ機能です。

ワンタイムHS+Aとは

ワンタイムHS+Aとは、その名の通り「HS+Aモード」を一定時間だけ使える機能。

HS+Aモードとはハイスピードプラスエリアモードの略で、要はWiMAX2+だけでなくau LTEでも接続できる設定。

ワンタイムHS+Aがあることで、HSモード(デフォルト)に戻し忘れても勝手に切り替わってくれるので安心です。

自慢じゃないですが、切り替え忘れる自信があるので、個人的にはかなり嬉しい機能ですね。

WX04 と WX03の違いを比較 基本スペックの進化はバッテリー容量アップのみ

WX04 WX03
重量 128g 110g
連続通信時間
エコモード
13時間50分 12時間20分
下り最大速度
WiMAX2+のみ
440Mbps 440Mbps
上り最大速度 30Mbps 30Mbps
Bluetooth 対応 対応

WX04とWX03の基本スペックの違いは、バッテリー容量のアップで約1時間30分 連続通信時間が長くなっています。

バッテリーが大きくなった代わりに、重量は約14g重くなりました。

最大速度に変化はありませんでしたが、多少速くなっても体感的には大差ないので440Mbpsで十分です。

モバイルルーターで重要なバッテリー持ちがアップしただけで評価できる進化。

WX03はこんな人にオススメの機種
  • LTEは利用しない
  • 日本メーカーの機種がいい
WX04はこんな人にオススメの機種
  • LTEを利用したいがauスマホユーザーではない