Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14

『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14』は、2013年10月31日より新しくスタートした新サービス『WiMAX2+(ワイマックスツープラス)』に対応したファーウェイ製のモバイルルーター。

カラーは、『ブライトシルバー』と『メタリックレッド』の2色

端末の大きさは、約W100×H62×D15.5mmと大きめ。重さも140gと少し重めです。

連続通信可能時間は、WiMAX2+利用時で約9時間とWiMAX使用時約6時間だった『HWD13』と比較するとかなりバッテリー持ちがよくなりました。

重量外寸寸法バッテリーWiMAXハイパワー
約140gW100×H62×D15.5mmWiMAX2+:約9時間
WiMAX:約9時間30分
LTE:約9時間10分
非対応
スマホ給電クレードル本体色製造元
対応ワイヤレス充電台01
(別売り3,675円)
ブライトシルバー
メタリックレッド
ファーウェイ・ジャパン株式会社

(注)ワイヤレス充電代はLAN接続非対応。HWD14本体がUSB接続に対応。

HDW14の評価「今時、WiMAXハイパワー非対応は使いにくい!」

通常の『WiMAX』と『WiMAX2+』、『auの4G LTE(別途有料)』に切り替えられるので、利用環境に応じて使い分ける事が可能です。

ただし、『auの4G LTE』は利用した月のみ1,005円が必要(月割なし)です。

『auの4G LTE』は、WiMAXが繋がらない時の保険だと思えば、利用した月以外は支払わなくてもいいので、月1005円なら安いかなと思います。

HWD14のデメリットは、WiMAXハイパワー非対応の為、他の機種よりも電波を拾いにくく繋がりにくいことです。

これが結構致命的で、個人的にはおすすめできる機種ではありません。

また、2014年8月1日から後継機の「HWD15」が発売されています。

こちらはWiMAXハイパワーにも対応しています。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14がお得に使えるプロバイダを調査

2013年10月31日より発売開始したWiMAX2+(ワイマックスツープラス)対応のルーター『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14』がお得に使えるプロバイダのキャンペーンを比較調査しています。

比較@niftySo-netUQ WiMAXGMO
nifty So-net UQ gmo
キャンペーンキャッシュバック
15100円
orタブレット端末
キャッシュバック
1万5千円
商品券3千円分キャッシュバック
22,700円
契約年数2年2年2年2年
月額料金
(1ヶ月目)
無料無料3,696円無料
月額料金
(2ヶ月目〜)
3,670円
(会員3,420円)
3,695円
(会員3,495円)
3,696円3,609円
月額料金
(25ヶ月目〜)
4,170円
(会員3,920円)
4,195円
(会員3,995円)
4,196円4,195円
事務手数料3,000円3,000円3,000円無料
モバイルルーター代1円無料1円無料
LTEオプション
使用月のみ課金
1,005円1,005円1,005円1,005円
公式サイト 在庫終了 在庫終了 在庫終了 在庫終了

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14が1番お得なのはUQ WiMAX

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14が契約可能な人気プロバイダのSo-netとGMOとくとくBB、UQ WiMAX、@niftyの4社を比較調査しました。

4社の中でGMOとくとくBB WiMAX、So-net、niftyは在庫が終了になりました。

UQは、端末代金が1円で送料も無料です。

HWD14は旧機種ですので、UQ WiMAXの在庫が早期に無くなる可能性もあります。

HWD14の後継機HWD15について

HWD14を契約するならWiMAXハイパワーにも対応している後継機のHWD15を契約するほうがいいかと思います。

理由は、WiMAXハイパワーへの対応です。

HWD14の一番の問題点が改善されており、今HWD14を契約するよりは後継機の方をおすすめします。

HWD15の詳細なスペックや評価はこちらの記事を参考にしてください。

HWD14のプロバイダーの在庫は終了しました。

▼下記特集記事でWiMAXルーターの最新機種を比較しています。▼


WiMAXモバイルルーターでおすすめ端末は?人気最新機種完全ガイド

関連記事

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14について
ファーウェイ製のモバイルルーター『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14』は、同社製HWD13の後継機ではありますが、2013年10月31日から開始される、UQ WiMAXの新サービス『WiMAX2+(ワイマックスツープラス)』に対応した1番最初のモバイルルーター。バッテリー性能は、約9時間と大幅に改善されたのは高評価できますね。大きなに関してはまだまだ大きいのでよりコンパクト化&軽量化して欲しいというユーザーの声がありますし、実際にそう思います。販売開始後しばらくは、取り扱い可能なプロバイダも少ない事からUQ WiMAXでの契約者が増えていきそうですが、NECなどの他社メーカーでのルーター販売が開始され各社揃った時の比較が楽しみです。WiMAX2+は開始当初は東京にエリアが限定されるので、一部ユーザー以外には使うメリットのない機種となりそうです。