シンセイコーポレーション製のモバイルWiMAXルーター。

シンプルなデザインで、86gと軽量で、バッテリーの連続稼動時間もカタログ上で約9時間と持ちはいいです。

使用者のレビュー、評判などではバッテリーの持ちに関しては高評価ですが、受信感度がNEC製のAtermWM3800RやAtermWM3600Rと比較すると劣るようです。

ただWiMAXを使用している地域にもよるので、一概には言えません。

現在は取り扱っているプロバイダがなく、後継機であるURoad-AeroかNECのモバイルルーターを使う方がおすすめです。

重量外寸寸法バッテリーWiMAXハイパワー
約86gW90×D63×H11.8mm連続通信:最大約9時間対応
スマホ給電クレードル本体色製造元
非対応有りレッド
ホワイト
ブラック
株式会社シンセイコーポレーション
URoad-SS10

URoad-SS10は2012年3月9日に発売のシンセイコーポレーション製モバイルWiMAXルーター。スタミナバッテリーとコンパクトで軽量なのが売りの機種。WiMAXハイパワーにも対応しており電波の弱いエリアでも受信感度が従来機よりもいいのが特徴。ライバル機種はNEC製のAtermWM3600Rで発売当時では、WiMAXルーターの2強でした。後継機のURoad-Aeroが2013年2月に発売しています。2013年の春頃には、So-net WiMAXにて、在庫処分のかなりお得なキャンペーンが実施されていました。その際は契約年数、月額料金、キャッシュバックなどもかなりお得なキャンペーン内容でした。今後他機種でそういったキャンペーンが行われるかは、分かりませんが期待したいところではありますね。