HWD15のプロバイダの在庫は2015年10月に終了しました。LTEオプションを利用したい人は後継機のW01がau LTEに接続する事ができます。

その他のWiMAXルーターも検討したい人は、こちらを参考にしてください。

WiMAX最新機種完全ガイド


ファーウェイ・ジャパンから『HWD14』の後継機となる『HWD15』が2014年8月1日に発売されました。

HWD14は、WiMAXハイパワー非対応で通信に難ありでしたが、HWD15はWiMAXハイパワーに対応しています。

また、HWD15からクレードルにも対応しているので、ホームルーターとしても使うことが可能です。

外寸、重量はHWD14とほぼ違いないですが、バッテリーの持ちが1時間ほど長くなり改善されています。

WiMAXハイパワーに対応し、LTEオプションも使えるので評価できる性能ですね。

外寸寸法 重量 バッテリー連続使用 バッテリー連続待受
W104×H64×D14.9mm 約140g WiMAX2+:約10時間
WiMAX:約9.4時間
LTE:約10時間
970時間
wi-fi規格 WiMAXハイパワー LTEオプション クレードル
WAN:IEEE802.11a/b/g/n
LAN:IEEE802.11b/g/n
対応 対応 あり
スマホ給電 リモート起動 本体色 製造元
対応 非対応 レッド
ホワイト
ファーウェイジャパン

HWD15キャンペーン比較!今月はどこのプロバイダがお得?

ファーウェイ・ジャパン製のWiMAX2+対応ルーター『HWD15』が契約可能なプロバイダーのキャンペーンを比較しています。

比較 GMOとくとくBB So-net @nifty UQ WiMAX Broad
gmo
GMOとくとくBB
ラクーポン
ラクーポン
nifty
nifty
uq
UQ WiMAX
uq
Broad
キャンペーン
キャッシュバック
最大27,750円
端末代金無料 キャッシュバック
20,000円
商品券3千円分 端末代金無料
キャッシュバック
受取時期
12ヶ月目 9ヶ月目 2ヶ月目まで
契約年数 2年 2年 2年 2年 2年
月額料金 3,609円〜 2,312円〜 3,670円〜
会員3,420円〜
3,696円〜 3,541円〜
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
ルーター単体の料金 0円 0円 1円 800円 0円
端末送料 無料 無料 無料 無料 無料
公式サイト 在庫終了 在庫終了 在庫終了 在庫終了 在庫終了

HWD15のキャンペーンがお得なのは毎月お得なラクーポン

GMOとくとくBB、ニフティ、ソネット、UQ WiMAXは残念ながら在庫がなくなってしまいました。

今現在、HWD15の在庫が残っているのはラクーポンだけになってしまいました。

ラクーポンは、月額料金がかなり安くお得な内容になっています。

特集


WiMAXモバイルルーターでおすすめ端末は?人気最新機種完全ガイド

WiMAXルーター一覧

『HWD15キャンペーンはどこがいい?損したくない人必見!』について

ファーウェイ・ジャパン株式会社から2014年8月1日に発売された『Wi-Fi walker WiMAX2 +hwd15』は『HWD14』の後継機になります。WiMAX2+(ワイマックスツープラス)、WiMAX、au LTEの3つの通信規格に対応しています。これはHWD14と変わりないです。大きく改善されたポイントはWiMAXハイパワー対応。クレードルセットに対応、バッテリーの連続使用時間の3つ。HWD14は、WiMAXハイパワー非対応の為、電波を拾いづらく繋がりにくいというデメリットがありましたがHWD15はWiMAXハイパワーに対応しており改善されています。ホームルーターとして使用したいという一定のニーズもあることからクレードルセットにも対応。外寸、重量に大きな改善はありませんでしたが、バッテリーの連続使用時間は約1時間程度改善され10時間くらい使えようになりました。ファーウェイが中国系の企業ということもあり、国内メーカーであるNEC製のNAD11のほうがいいといユーザーも少なくないです。NAD11との違いは、LTEオプションの有無なので、LTEも使いたい人はHWD15のほうがいいかと思います。