工事不要で使えるWi-fi(ワイファイ)使うならどれ?

 

最近はインターネットの回線工事をせずに工事しなくても使えるWi-fi通信を利用している人も増えてきました。

Wi-fi(ワイファイ)と言ってもサービスによって一長一短があります。

「なんかWi-fiって聞いたことはあるけどよくわからない。」って人も多いと思うので簡単にですがまとめてみました。

Wi-fi通信におすすめなサービスと各社の特徴

Wi-fi通信で人気のあるサービス提供会社と特徴を順番に説明していきますね。

WiMAX2+(ワイマックスツープラス)

電車の中吊りやテレビCMでも観たことがある人も多いと思います。

青いガチャピンとムックのCMと言えばピンっとくる人もいるでしょう。

あれはWiMAX2+っていうKDDI系の通信サービスで、月間通信制限なしで使えるのが特徴のサービス。

ただ室内で電波が繋がりにくいことがあるのと、田舎ではエリア外のことがあるので都市部に住む人向けです。

参考:WiMAXキャンペーン比較!プロバイダ契約おすすめは?お得なのはどれ

ワイモバイル

ワイモバイルという言葉はまだ馴染みがない人も多いと思いますが、イーモバイルとかPocket WiFiと言えば知っている人も多いかと思います。

実はイーモバイルとウィルコムが一緒になったのがワイモバイルです。

いつの間に!?って感じですよね。

回線自体はソフトバンク、イーモバイル、ウィルコムの回線なので繋がりやすいです。

ただし月間7GBの速度制限があるので、いっぱい使いたいって人には不向きです。

参考:ワイモバイル

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)

SoftBank Airって初めて聞いたって人も多いと思います。

僕もあまりCMしてるとことあまり見たことがありません。

名前の通りソフトバンクの提供する通信サービスですが、一番の特徴は据置型のホームルーターってことです。

WiMAX2+とワイモバイルが持ち運べて外出先でも使えるのに対して、SoftBank Airは室内専用です。

家だけで使いたい人向けのサービスですね。

関連記事:ニーズを満たしているSoftBank Airは評価できる

持ち運べていっぱい制限なしで使いたい人ならコレ!

最近はSIMロックの解除で格安スマホを利用する人も増えてきたので、持ち運びができて通信制限のないサービスが特に人気があります。

たまにワイモバイルが月間制限なしのキャンペーンやっていますが、実は3日1GBの制限をかけることがあるとの注意書きがあり実際に制限がかかりユーザーが怒るなどの騒動がありました。

某都議会議員が怒って無償解約させた話は有名です。

SoftBank Airに関しては、書いたとおり持ち運びできません。

僕自身サービス開始以来ずっとWiMAX2+を使っていて繋がりにくいこともありますが、そんなに不便なく利用しています。

ルーターの種類がいくつかありますが、おすすめはNEC系の機種です。

今ならWX01という機種が一番新しくて人気があります。

参考:モバイルWiMAXルーターで人気の端末は?最新機種完全ガイド

 

僕もWX01を使っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ